家で一番修繕に費用がかかる場所はどこ?

大事な自宅を修繕する時のチェックポイントをご紹介

耐用年数と修繕の事前計画

イングランド民謡に古くからある「Home!Sweet Home!」という歌をご存知ですか。
数々の映画に取りざたされるこの曲では、何度も繰り返し「我が家にまさる場所はなし」と歌われます。
一日の疲れを癒すための場所、または一日を過ごす場所として、その歌詞に共感される方も多いのではないでしょうか。
また世界各国のことわざにも類似の考えが多く表されており、古今東西どこであっても帰りたい家があるというのはとても幸せなことだと思わされます。
できることならずっと良い状態で住みたいと誰しも願うはずです。
日本では一般に新築戸建ての耐用年数は30年ないし50年と言われていますが、ヨーロッパでは平均75年を誇るそうです。
この違いはどこにあるのでしょうか。
心理学の割れ窓理論では、たとえ窓ガラスのヒビのような小さな瑕疵であっても、そのままにしておくなら悪い結果を生むので十分に管理することの重要性を説いています。
形あるものですので傷んでしまうことは避けられませんが、上手にメンテナンスを続ければ、綺麗なまま維持することも可能です。
家の定期的なメンテナンスはただ住空間を住みやすく保つだけでなく、ひとりひとりの人生の内容の質や生活の質を向上させることができます。
必要に駆られてからあわてて修繕に走る前に、どのように家と向き合い、付き合って行けるかを考えてみませんか。
このサイトでは家を修繕する際に発生する費用についてや、綺麗に保つ秘訣、また発生コストをどのように抑えられるかを検証します。