家で一番修繕に費用がかかる場所はどこ?

大事な自宅を修繕する時のチェックポイントをご紹介

定期点検のすすめと修繕時期

修繕が必要な場所をみつける定期点検

やはり頻繁に用いる場所が早く消耗しますので、家の中でいち早く点検やメンテナンスを必要とするのは目立って大きな部分よりもボイラーやキッチンなどの住宅設備機器です。
エアコンや給湯器などの生活に密着した部分はなおのこと消耗が早く、点検はこまめにしていた方が良いかもしれません。
また建築資材により時期のばらつきはありますが、大規模な修繕で一番はやく着手することになりそうなのが日々風雨にさらされている外壁または屋根の塗装です。
また屋根の不具合を放置してしまうと、雨漏りなどの問題から壁カビやシロアリといった致命的な欠陥に発展してしまうため、決して無視していいものではありません。
外壁も同様に劣化により雨水などの浸食が懸念されます。
大がかりな修繕になってしまわないように、定期点検とメンテナンスは怠らないようにしましょう。

修繕時期を見定める

住宅設備機器に関しては、生活に密着したものでもあり故障などの不具合はわかりやすいかもしれません。
しかし目に触れない部分に関しては劣化を知るのが難しいため、定期的な点検の他に修繕が必要になるであろう時期を見定める必要があります。
屋根や外壁に関しては、10年前後で修繕を行うことが多いようです。
建築材の寿命のことを考えるなら、その時に共にリフォームを行うのが最善かもしれません。
10年を過ぎたら突然住めなくなるといったことはありませんが、耐用年数を超えたままにしておくのは劣化を早めます。
それによりその後の修繕費が高騰してしまうこともあり得ますので、目安として築10年を総点検とメンテナンス、そして必要な修繕の年と考えることもできます。


このコラムをシェアする