家で一番修繕に費用がかかる場所はどこ?

大事な自宅を修繕する時のチェックポイントをご紹介

実際にかかる修繕費用の目安と積み立て計画

修繕費用はどのくらいかかるか

建築資材や住んでいる地域の天候などに左右されますが、築10年目にリフォーム及び劣化部分の修繕を行うとすると、多く見て200万円程度の見積もりになるようです。
大きな額ですので修繕を依頼する前に、住宅診断士による劣化状況の診断をお願いするのは賢い選択と言えます。
そうすればより修繕が必要な部分に重きを置いて修繕依頼ができますし、次回の修繕時期も見定めやすくなります。
本格的な診断で10万円程度、一般的な診断で6万円程度です。
修繕が多い場所は屋根と外壁、また水回りです。
どれも大掛かりな修繕になりやすく、一番コスト高なのが屋根で、およそ130ないし150万円くらいが平均的です。
また、50年住む場合にかかる修繕費用の平均は750万円程度と言われています。
定期的なメンテナンスにより長期的に見てこれらの費用を抑え込めるでしょう。

修繕費用の積み立て計画

せっかく建てた家ならば綺麗に保ちたいでしょうし、長く住めればこんなに良いことはありません。
メンテナンスとそれに伴った修繕には大きな金額がつきものですので、資金を捻出しなければなりません。
10年目での修繕が200万円だったとして、1年に20万円の貯蓄をすればよいことになります。
1か月16,000円程度ですので、長期的な益を考えるならばぜひとも積み立てたいところです。
また近年は修繕費用の積立制度も増えてきており、自力での貯蓄に不安のある方でも取り組みやすくなっています。
一例として財形住宅貯蓄は給与からの天引きで、貯めた資金の使い道も住宅に関するものに限定されるため、つい流されがちの方にお薦めです。
またそうしたサービスを用いるなら、場合によっては利息などの特典も見込めます。
上質な生活を維持するためにも、検討したいところです。
長い付き合いになる我が家と、上手に付き合っていけるといいですね。


このコラムをシェアする